ほくろ

「ほくろ」の無い人はまずいません。
気になる人もいればまったく気にしない人もいます。
では「ほくろ」とはどんなものなのでしょうか?
それは「母斑細胞」という細胞が皮膚の中にたくさん集まって塊になっているものなのです。

母斑細胞はメラニンという色素を作る性質がありますので、ほくろは一般的に黒や茶色、時には青っぽい色を呈します。でも、メラニンを作らないこともあります。その場合は肌色の皮膚の隆起になります。

ほくろの関連で有名なのは「ほくろの癌」です。厳密には癌に分類されず、悪性黒色腫と正式には呼ばれます。非常に悪性度が高く、怖い病気ですので、これを心配してほくろを取ってほしいという人は少なくありません。
でも、それほど心配する必要はありません。悪性黒色腫は稀な病気(10万人に一人くらい)ですから。

悪性が心配な場合もありますが、顔にほくろがある場合、髭剃りに邪魔になったり、お子さんの場合はいじめの対象になってしまうこともありますので、それらの理由で取ることも多いです。

当院ではほくろは基本的にメスで切除しています。
メスで切除すれば切り取ったほくろの組織を検査することができますので、万が一悪性だった場合でも対処できるのです。
ほくろは言ってみれば皮膚の腫瘍の一種といえますので、その除去は健康保険の適応となります。

症例1

  • 術前 症例1 術前 左上腕部のほくろ(というより色素性母斑と呼ばれる黒あざ)です。
  • 術前(デザイン) 症例1 術前(デザイン) 長軸に沿って紡錘形に切除して縫合します。

症例2

  • 術前 症例2 術前 口角部のほくろです。
  • 術前(麻酔) 症例2 術前(麻酔) ピンボケですが、細い針で局所麻酔薬を注射します。必要量は0.5cc程度です。
  • 術前(デザイン) 症例2 術前(デザイン) しわに沿った紡錘形に切除予定とします。
  • 術中1 症例2 術中1 メスで慎重に切除してゆきます。
  • 術中2 症例2 術中2 切り取ったところ。麻酔に血管を収縮させる薬を混ぜてあるので、ほとんど出血しません。
  • 術中3 症例2 術中3 真皮縫合で皮膚を縫い寄せます。
  • 術中4 症例2 術中4 真皮縫合のみでもよいのですが、さらに創縁正確に合わせるために上層の縫合を追加します。これは後日抜糸します。

症例3

  • 術前 症例3 術前 鼻部のほくろ
  • 術後 症例3 術後 紡錘形に切除して縫合しました。

症例4

  • 術前 症例4 術前 鼻唇溝部のほくろ
  • 術後 症例4 術後 単純に切除・縫合しましたが、傷跡はほとんどわからなくなります。

巣鴨ほくろ・できものクリニック

診療科目
形成外科
院長名
村下 理
住所
東京都豊島区巣鴨3-19-13 桜花苑ビル2階
アクセス
JR・都営三田線「巣鴨」駅 徒歩5分
(とげぬき地蔵斜め前)
電話
03-5961-5500
診療時間表・休診日
※受付は午前のみ11時半まで
★9:30~12:30【休診日】月曜、木曜午後、日曜午後、祝日
 
9:30~12:00
13:00~18:00
対応
クレジットカード
  • VISA
  • Master Card
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club
  • DISCOVER
※カード払いは自費診療で1万円以上の場合のみご利用いただけます。
このページの上へ