しわとたるみ

加齢とともに人の顔には「しわ」と「たるみ」が目立ってきます。
これを自然の摂理と理解して、これまでの人生が刻まれたものと納得できる人は少数派でしょう。

煩悩の塊の大多数の現代人は加齢変化に対抗しようとあがいて来ました。
その結果、世の中には色々な「アンチエイジング」の方策が存在します。
でも、残念ながらそれらの多くは、明確なエビデンスが無かったり、自己満足に過ぎなかったりするもののようです。

当院では私自身が明らかに効果が認められると確認した方法のみ患者さまに提供したいと思っています。
治療方法はヒアルロン酸、ボトックス、特殊な糸の3つの方法があります。

ヒアルロン酸の注射

まずはヒアルロン酸の注射です。
ヒアルロン酸は皮膚を構成する成分の一つですが、皮膚内に注入して効果を上げるために分解されにくく加工された製剤を使用します。
これをしわの下に打つことで皮膚が持ち上がってしわが消えるという理屈です。
ヒアルロン酸の注射剤には硬さの種類があって、柔らかいものは下瞼などの薄い皮膚に、やや硬いものはほうれい線などの厚めの皮膚に使用します
さらに硬いものもあって、これを鼻筋に打つと鼻筋が通ったような効果が得られます。
なお、ヒアルロン酸自体は徐々に分解されていきますので、1年くらいするともとに状態に戻ります。世の中には分解されない注射剤も存在しますが、長期的に考えるとトラブルになる可能性があるので、当院ではそのような製剤は使いません。

ボトックスの注射

次にボトックスの注射について説明します。
ボトックスでしわを改善する理屈はヒアルロン酸とは全く異なります。
ヒアルロン酸でしわを改善させるのは皮膚のたるみを持ち上げて改善させるのですが、ボトックスは皮膚の下にある筋肉(表情筋)を弛緩させることによって皮膚を伸ばして結果的にしわが無くなるのです。
ボトックスという薬はボツリヌストキシンという筋肉を麻痺させる毒素の作用を利用しているのです。ですので、ヒアルロン酸はどこのしわでも対応できますが、ボトックスはしわのすぐ下に筋肉がある場所でないと打っても効果は期待できません。眉間や目じりのしわが主な対象になります。
ボトックスもその作用期間は半年くらいですので、効果が無くなったら再び打つ必要があります。
さて、ボトックスはしわの改善の目的以外にも美容医療で用いられる薬です。
それは筋肉を麻痺させることによって筋肉自体が細くなるので、下あごにある咬筋に打つことによって出っ張ったエラを改善させることができるのです。 またボトックスは筋肉ばかりでなく、その司令塔である神経を麻痺させるので、わきの下に打てば発汗が抑えられるので、多汗症の治療にも使われています。

特殊な糸を皮下に通す

3番目の特殊な糸を皮下に通す方法です。
特殊な形状(皮下組織に引っかかるようなささくれ立った)の糸を皮下に通すと皮下組織に絡みついて皮膚全体が引き挙げられるため、たるみやしわが改善されるという理屈のもので、スレッドリフトなど数種類の糸があります。
これらも吸収性の素材なので、1年程度で元に戻ります。

巣鴨ほくろ・できものクリニック

診療科目
形成外科
院長名
村下 理
住所
東京都豊島区巣鴨3-19-13 桜花苑ビル2階
アクセス
JR・都営三田線「巣鴨」駅 徒歩5分
(とげぬき地蔵斜め前)
電話
03-5961-5500
診療時間表・休診日
※受付は午前のみ11時半まで
★9:30~12:30【休診日】月曜、木曜午後、日曜午後、祝日
 
9:30~12:00
13:00~18:00
対応
クレジットカード
  • VISA
  • Master Card
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club
  • DISCOVER
※カード払いは自費診療で1万円以上の場合のみご利用いただけます。
このページの上へ